〈リサーチ・レジデンス成果上演〉『Thin as Skin: Choreographies of Identity』

リサーチ・レジデンス成果上演 『Thin as Skin: Choreography of Identity』 作・出演: NguyễnThanhThủy(グエン・タン・トゥイ)、宮北裕美 〈日時〉2018年7月20日(金)16:00〜 〈会場〉ArtTheater dB 神戸 〈料金〉¥1,000 主催:宮北裕美、NPO法人DANCE BOX 助成:国際交流基金アジアセンター

国際的に高い評価を得るベトナムの伝統楽器ダン・チャンの演奏家であるNguyễnThanhThủy(グエン・タン・トゥイ)とダンサー/アーティストの宮北裕美による国際共同プロジェクト。伝統音楽の技術と実験的な音楽の実践を通してジェンダーについて深く洞察するグエン・タン・トゥイと、「身体=モノ」を問い続けインスタレーションの発表やパフォーマンス・ディレクションなど多様な活動を続ける宮北裕美。2017年に京丹後市で出会った二人のアーティストを取り巻く世界は、音楽、音、ダンス、身振り、性、移民、地方、都市、世代など様々な事象で溢れている。宮北が身体を有機的な存在ではなく、シンプルにモノとして捉えるとしたダンスの定義に、これまで伝統楽器を演奏してきたグエンが驚いた。ハノイの劇場に関わる家庭で育ち伝統音楽をマスターした後、スゥーデンで娘を育てながら芸術の実践を行なうグエン。近年は振付家とのコラボレートを行なっており宮北は刺激を受けた。この夏、京丹後市と神戸市でのリサーチ・レジデンスと劇場でのクリエーションへ経てワーク・イン・プログレスとしてのパフォーマンスを行います。プロジェクトは2019年にスウェーデンで上演を予定。

二人の「身体」の定義は真逆のように見えるが、皮膚一枚ほどの違いなのかもしれない。私たちを定義付ける、その何かを振り付ける。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2012年に京丹後市へ移住してから環境が大きく変わり、アーティストとして一人でできることを模索しました。そうして人間の身体だけでなく、目の前にあるものすべてにダンスを見出すようになり、即興パフォーマンスやインスタレーションを発表しているところです。音楽家のトゥイさんとは昨年京丹後市で催したART CAMP TANGOを通して出会い、互いの芸術に興味を持ったことから交流が始まりました。このコラボレーションでは、楽器を演奏する身体を、どのように取り扱うかを探ることになるでしょう。トゥイさんは私がこれまで意識的ではなかった、ジェンダーをテーマにしているので新たな発見がありそうです。dBで発表するのは7年振りなので、新長田で過ごす時間を想像して、今からワクワクしています。

宮北裕美

#NEWS

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square